トレーニング指導で大切な3つのステップ

こんにちは!

3月10日〜11日にかけて東京で開催された
JCCA主催のスポーツコアコンディショニングにて、講師を担当しました。

西武、巨人で13年間トレーナーを務められた
宮本英治先生らが考案されたスポーツコアコンディショニング。

スポーツコアコンディショニングとは
姿勢の安定から筋力バランス、
強調性・巧緻性など身体の構造を学んだ上で
競技特性を踏まえ、パフォーマンスアップや
怪我の予防に役立つアスリートに特化した
コアコンディショニング指導法を学ぶセミナーです。

協会から依頼を頂き
テキストをブラッシュアップしたことで
より発育発達に基づいた、現場で使いやすい内容となりました。

「指導者たるもの、実践者たれ!」

は、宮本英治先生が大事にされていた言葉で
僕のトレーニングコーチとしてのポリシーでもあります。

トレーニングコーチとして
より多くの情報を知っていることも大切ですが

人はほとんどの情報を目から得ています。

たくさんの言葉を用いて説明するよりも
動き方を見せてしまった方が早くて正確に伝わる。

しかも選手やクライアントに対する説得力が違いますね。

大切なことは

知っている → 指導する

ではなく

STEP 1. 知っている
 ↓
STEP 2. できる
 ↓
STEP 3. 指導する

この3つのステップがちゃんと踏めていること。

細かい動きの評価もお伝えしますが
いい動きの見本・手本が見せられるように
次回もどんどん動いて体感するセミナーにしたいと思います。

次回の開催は、9月15日〜16日。

スポーツコアコンディショニンの詳細は
こちらのページをご覧ください。
http://jcca-net.com/trainer/athlete/condition.html

 

▽▼次回講師を担当するセミナーはこちら▼▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA